東京の火葬のことならお任せください

東京の火葬
2018年11月29日
> [火葬 東京]

特にこだわりがなかったので東京で火葬をしてもらいました

最近は葬儀について昔ほど重要視する方が少なくなっており、最低限のことさえすればそれで大丈夫だろうと考えている方も増えていて、そういう人達から人気を集めている方法として火葬があります。
火葬というのは通夜や告別式を行わないというスタイルであり、火葬場に直行してそこで故人とすぐにお別れをするという方法であり、直葬と呼ばれることもあり、人気を集めている方法となっています。
私も大切な家族を亡くしてしまったのですが、本人がいないのに豪華な葬儀をする意味がよく分からず、親族たちも葬儀に関してはそれほどこだわる人達ではなかったため、最終的には火葬にしてもらうことに決まりました。
火葬というのは内容がとてもシンプルなため費用がかなり安く抑えられているのが特徴となっており、費用面について不安が少ないため、安心して送り出すことができました。
火葬場でも一応読経をしてもらうことができたため、それなりに葬式の雰囲気を味わうことができて、きちんと故人に対してやることはやったと思えました。

故人の意向で火葬にしました


大切な人が亡くなった場合には、できるだけ故人の意向を尊重して行動するべきであり、たとえば死後のことについて遺言に記載されているならば、その指示にしたがわなければいけないと法律でも決められています。
私の親が亡くなったのですが、そのときには生前から遺族に迷惑をかけたくないために火葬でも構わないと言われていたため、その指示にしたがって実際に火葬をすることになりました。
火葬は多くの人が集まることもなく、最低限のセレモニーだけとなり、お金も最低限しかかからなかったため、遺族にとってはとても負担が少なくて楽な方法となりました。
火葬であってもちゃんと形式にそって行われていくため、故人をきちんと送り出すことができたと満足できました。


PageTop