東京の火葬のことならお任せください

東京の火葬
2018年10月18日
> [火葬 東京]

東京では密葬も増えています

東京などの大都市圏では、核家族化や高齢化などもあって、家族や親類の繋がりが薄れてきています。また、身内の人数自体が少ないか、ほとんど身寄りもない人も増えています。そういう人が亡くなった時、大規模な葬儀を行うことは困難となってしまうのが現実です。そこで、通夜を行わず、告別式と火葬を一日で行う密葬をすることが多くなっているのです。遺族だけや、親族や親しい友人だけといった、ごく小規模な人数で葬儀を行う場合に選ばれています。

追加料金無しプラン 東京の火葬


最近では、低料金を宣伝している東京の葬祭業者もいますが、追加料金があったり等の問題がある場合があります。
また、かなり低料金である火葬の場合でも、追加料金が発生する場合があるので注意が必要です。しかしながら、追加料金無しプランで、費用だけでなくプラン内容を明確にしている良心的な専門業者もあるので、しっかり確認することで安心して利用できるのです。ちなみに、関東福祉サービスは、相談料無料・追加料金無し・丁寧な対応・365日24時間対応が大きな魅力な良心的な葬祭業者です。

東京では家族葬が増えています


都会ほど、葬儀の簡略化がすすんでいます。
特に大都市の東京では、家族葬をすることが当然のような雰囲気が最近はでてきました。
葬儀本来の、目的である家族がお別れをして心に区切りを付けるのがその意味です。
そのために、家族だけで通夜や告別式を行い温かく故人を見送るというのが昔からの習慣です。
冠婚葬祭に、あまり費用をかけないという現在の風潮にもこれは当てはまります。
生前から、予約や遺言で指定している人も多くなってきました。


PageTop