業者選びに役に立つ葬儀社に関連した業者をご紹介します。

葬儀業界コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年08月20日 [FAQ]

葬儀社の見積書の確認方法は?

葬儀費用をできるだけ安くしたくて、地元の葬儀社から相見積りを取ったのですが、葬儀を自分で準備するのもはじめてだし、見慣れない項目ばかりで見積書の確認方法がよく分かりません。
中には手書きで、葬儀費用一式としか明記されていないところもあって、実はそこが一番見積金額は安いので、今の時点では第一候補となっているのですが、自社で葬儀場を持っていない小さな会社だし、安いだけできちんとお世話をしてもらえるのか心配です。
そこで質問なのですが、合計金額だけで葬儀社を選んでいいのか?ということと、ダメな場合は見積書の確認方法を教えてください。


回答

項目の内容をきちんと精査しましょう。


見積書を見て葬儀社を選ぶ際に、最も危険なのが合計金額だけで判断することです。
なぜなら、見積書とはあくまでも仮の金額を表している書面で、それで決定ではないからです。
それに見積書を見ただけでは、サービス内容も、葬儀で使用する祭壇やお棺などのランクや室なども明確ではないため、見積書は葬儀社の提案書であると認識してください。
もちろん見積書の内容をしっかり把握できて、そこから追加料金ができないことを確認できて、葬儀のお世話をしてくれるスタッフさんを信頼できれば問題はありません。
葬儀費用一式と書かれている場合は、その内容をきちんと確認しなければいけませんし、見積書を確認するためには、それぞれの項目について理解する必要があります。
葬儀費用一式の中には、祭壇、お棺、人件費、遺影写真、お供え物、ドライアイス、会場費など、多くのものが含まれています。
オプションが設定されている場合は、それも含めたものが、合計金額となります。
お葬式が終了してから、追加料金を請求されるケースはとても多いため、必ず見積書をみる場合は、追加料金が発生する可能性を確認してください。
人件費には注意が必要で、そこには「設営費」「プロデュース費」「式典係員」「企画施行費」など、葬儀社によって違ったネーミングでいろいろな項目が記載されているので、注意が必要ですし、あまりにも人件費が高額な場合は、値段交渉の余地があります。
斎場や火葬場は、運営がどこなのかによっても費用に大きな差が出ますので、そこも大事なチェックポイントです。
飲食費に関しても追加が出やすく、料理の質や設定人数によっても差が出やすいため、十分な確認が必要です。
返礼品の内容にも違いが出やすいので、価格設定や品物の内容を確認しましょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク