業者選びに役に立つ葬儀社に関連した業者をご紹介します。

葬儀業界コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年07月16日 [FAQ]

葬儀社から葬儀プランのチラシが入っていましたが火葬だけのシンプルなプランってどうなのでしょうか?

先日、葬儀社から葬儀プランのチラシがポスティングされていました。
その中には、「お別れプラン」と書かれたものがあり、葬儀をしない火葬だけのシンプルなプランが紹介されていました。
私は片親で育ったのですが、父が前々から「俺が死んでも葬式に金はかけなくていいから。むしろ、葬式なんてやって無駄な金を使わなくていい」と言っています。
このお別れプランというのは、まさにそういう感じで、自宅から火葬場まで運んでくれ、そのまま火葬をして終わりというものです。
このような考え方、まだまだ日本では少ないのでしょうか?

回答

家族葬が増えているように葬儀の形も多様化しています。


別におかしくないと思います。
確かに、昔からの伝統を守りたいという古い考えの人は、お通夜、葬儀、火葬、初七日、四十九日などなど、しっかりとやるべきだという意見もあるでしょう。
しかし、そもそもそれらは仏教を中心に作られた制度であり、日本人、特に現代の人は無宗教の人が多いでしょう。
宗教観から離れていることもあり、そもそも葬儀などに意味を持たないと考える人も増えてきました。
また、老後にお金がかかることもあり、葬儀などでわざわざお金を使って欲しくないと考える人も増えました。
一概に、どの形が正しいかどうかはわかりませんが、お葬式をあげることが故人を偲ぶという観点がすでに古いとも言えます。
あなたの場合、お父さんが望んでいて、あなたに苦労をかけたくないという想いがあるのであれば、それをくんであげることが一番の供養になると思います。
私も、残った家族に苦労をかけたくないという想いが強いので、葬儀は開かなくてもいいという意見です。
今後も、どんどん多様化していくと思うので、まあ深く考えなくてもいいのではないでしょうか。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク