業者選びに役に立つ葬儀社に関連した業者をご紹介します。

葬儀業界コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月15日 [FAQ]

葬儀社に規模の小さな葬儀を依頼するメリットは何ですか?

両親が高齢のため葬儀をどうするべきか今のうちに考えておきたいと思っているのですが、大きな葬儀ではなく最近は小さな規模の葬儀が増えているという話を聞いて、とても興味を持っています。
そこで、小さい規模の葬儀をすることは一体どんなメリットがあるのか参考までに教えてください。

回答

費用を抑えられ、参列者への気遣いをする必要がなくなるというメリットがあります


小さい規模の葬式が増えているのですが、これは親族や親しい友人のみに参加してもらうものであり、一般的な葬式の場合にはさらに会社関係や近所の人達など少しでも縁のある人はすべて呼ぶため、それぞれ参列者の数が大きく異なっています。
小規模な葬式の場合は本当に来てもらいたい人にだけお知らせを出すことになり、それ以外の人に対しては葬儀の日時を知らせないため、当日に呼んでいない人が来るということもありません。
ただし、会社関係や近所の人達に対して逝去したことのみは連絡するのですが、それは単に逝去したことを報告するだけであり、葬儀の日時や場所などは知らせないという点に特徴があり、そのため町内会の訃報や新聞のお悔やみ欄などへの掲載も行いません。
また、小規模な葬儀の場合には参列者は基本的に親族のみとなっているケースが多いため、香典を辞退するケースが多く、参列していない人からの香典も断ることが多いです。
香典をもらわないと葬儀をするための費用を用意できないと思われるのですが、小さい規模の葬儀の場合は大きな会場を借りるわけではなく、葬儀をするための費用があまりかからないため、香典をもらわなくてもそれほど大きな負担にはなりません。
小さな規模の葬儀の場合には故人とゆったりとした時間を過ごすことができ、参列者は親族や親しい人のみのため余計な気遣いをする必要はなく、故人の顔をじっくりと見る時間を確保できるでしょう。
葬儀の費用についても、料理や香典返しなどを用意する必要がほとんどなくなるため、人数が少ない葬儀は費用負担が大幅に減少し、気楽な気持ちで葬儀を準備することができるのです。
身内のみで葬儀をする場合には、話し合いがしやすくなり、形式についても比較的自由に選ぶことができるため、たとえば、個性的な葬儀をするというケースもあり、その際には葬儀社のほうでもサポートしてくれるのです。
小さい葬儀をする場合には、葬儀社がそれに対応できるプランを用意していることが多いため、葬儀社に連絡をして相談してみれば、望み通りの小さい葬式を実現することができるでしょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク