業者選びに役に立つ葬儀社に関連した業者をご紹介します。

葬儀業界コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月14日 [FAQ]

葬儀社のプランには何が含まれているのですか?

私達夫婦は高齢のため、相手の葬儀の準備をしなければいけないと不安に考えており、今のうちに葬儀社のことについて調べておきたいと思っています。
葬儀社を利用すれば、さまざまなプランを利用できるようなのですが、実際にはどのようなサービスを受けることができるのか知りません。
そこで、葬儀社の提案するプランの内容について、具体的なことを教えてもらいたいです。

回答

葬儀の最初から最後までしっかりとサポートしてくれます


葬儀社は大切な人が亡くなった段階からサービスを提供しており、まずは病院や自宅にまで寝台車で迎えに来てくれて、搬送します。
搬送先は自宅か安置所を選ぶことができ、安置場所が決まっていない場合には、その場で相談することができ、安置については数日間預かってもらうこともできて、さまざまな都合に合わせてくれるのです。
そして、実際納棺してもらうことになるのですが、日本では法律によって24時間以上経過しなければ火葬することができないため、その間預かってもらうのは葬儀社の方で標準のプランとしていることが多いでしょう。
納棺した後には寝台車によって葬儀場や斎場にまで搬送をしてくれて、その後は棺の中に鼻を納めて、最後のお別れをするための準備を進めてくれるので、自分達で特に準備するべきことはありません。
寝台車や棺、ドライアイス、枕飾り一式などさまざまなものがプランに含まれており、当日の式の進行をするための司会スタッフや運営スタッフを準備してくれて、遺影写真を準備するために必要なことも頼むことができ、読経をする僧侶の手配にまで対応してくれるのです。
最終的には火葬されることになるのですが、火葬場までも寝台車によって搬送してくれて、火葬を終えた後には拾骨まで行ってもらえます。
葬式は宗教ごとに内容が異なるケースがあるのですが、葬儀社であれば神式やキリスト教式、仏教式、友人葬にまで対応できることが多く、どのような宗教や宗派の人であっても安心して依頼できるようになっているのです。
また、人が亡くなるとさまざまな手続きをしなければならず、遺族にとっては大切な人が亡くなった状況で初めての手続きを進めるのはとても大変なことなのですが、葬儀社では通常プランの中に手続代行が含まれていることが多いため、手続きについて細かく調べる必要はなく、指示されたとおりに書類にサインをして手続きを完全に任せることができます。
葬儀社のプランであれば、葬儀をするために必要なものはすべて含まれているのです。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク